FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

すっかりご無沙汰してしまいました

すっかりブログを書く、という事から遠のいておりました。
FBやインスタなどもあるしな~noteとかの方よさそうかな~
とブログを書くモチベーションをが無くなり・・・

ただ、今日はお知らせがありUP。

去年写真展開催することができた『片品村のカヲルさん』
うかたまで連載中のいーからかん人生相談を組み合わせた本がもうすぐ出来上がります。

先日ゲラが届きました。
ある一人のお婆さんの、田舎の空気に解けて消えゆく言葉たちがここにしっかりと形になって
誰かの(というか私の)心に浸透していく感触に、一読者としてうるうるしてしまいました。

4月にはお披露目できると思いますのでどうぞよろしくお願いいたします!

52607894_2224828211114513_3408463733750497280_n.jpg



スポンサーサイト
2019-02-24(Sun)
 

菌とのつきあい方

「生活と自治」(生活クラブ発行)
 にて、
アズマカナコの子育てエコライフ
撮影を担当させて頂いてます。
3月号は「菌とのつきあい方」

28928538_1377123105727425_85838012_oaa.jpg

毎回キャワイイ三人きょうだいとワイワイキャッキャ
撮影というより一緒に遊んでる?!
楽しいひととき。
帰り際、「ちょうど手に入ったので、お土産です」と頂いた蔵元の酒粕。

お酒は好きだけど、酒粕・・・・
どうしたら活かせるだろう。

とぼんやり考えていたら[酒粕でパンを焼きました☆]
と、SNSで見たのでマネしてみました。

1、ビンの中に酒粕を水に入れる
2、毎日空気に触れさせるように振る

数日、ウンともスンとも言わないな~と思っていたら
10日目位に空気孔発見。

28822179_1377154442390958_759268966_o.jpg

ガンバレガンバレ、と励ましながら
日々上がっている気温上昇に煽られ
プシューって発酵力を感じたところでいざ出陣。

3、強力粉、砂糖、塩、水、そして酒粕酵母を入れて混ぜて
4、ビニールに入れて真空状態にして発酵

28822582_1377154429057626_2071333941_o.jpg

この方法だと、一生懸命こねなくてもグルテンさんが自らの力でこね上がってくれる。


5、膨らんだところでオーブンへ160~180度で30分くらい

しっとりふんわり美味しいパンが焼けました。

_MG_0665a.jpg

酒粕、考えてみたら発酵菌の宝庫だもんね。

何にもしなくても(に近い)こんなに美味しいパンが出来るなんて
菌の力は偉大なり。
2018-03-08(Thu)
 

3月

気がつけばお節句も過ぎております。
陽も日に日に長くなりながら、冷たい春の雨。

今年の冬の野菜高騰には悲鳴をあげそうでした。
が、種まき時期に続いた台風、そして大雪・・
日本全国農家さんは高齢化しているうえ、
労働に対しての対価は安すぎる。
この状態ではとても続けられないというのが本音の中
静かに頑張っている農家さん達が日本中の食卓を支えてくれている現実。
キャベツ500円でも手に入るだけ有難いではないですか、
そんな気持ちになります。


この際、野菜は自分で作っちゃいましょう~。

という方。

「やさい畑」をご覧下さい。

28944388_1377123125727423_1837630285_o.jpg

日本一売れている駅ナカ野菜直売所を営む芦田農園さん
野菜作りページを撮影させて頂きました。

28876892_1377123302394072_2092778407_o.jpg

28943650_1377123299060739_170953154_o.jpg

ぼやぼやしてたらジャガイモ植え付け時期が迫っております。




2018-03-08(Thu)
 

立春迎えて

日々少しづつ長くなる陽、ちらほら咲き始めた梅の花に
春に向かっているんだな~という気持ちになる今日この頃。

いつぞやどこかのどこかの直売所で激安で買った多肉ちゃん。
たしか50円位だったような・・・・
下の葉っぱが痛み気味だったので、
ムシってなんとなくそのまま土の上に置いておいた。
ふとみると
その葉っぱから新しい芽が出ているではありませんか。
多肉の生命力には日々驚かされますが
もう枯れてしまった、と思っていた葉からも新しい命が芽生えるなんて
逞しすぎる!

_MG_8566A.jpg
君も春に向かっているんだね~


2018-02-06(Tue)
 

伝え継ぐ日本の家庭料理
肉・豆腐・麸のおかず、発刊されました。

日本の各地の家庭で作られてきたおかずを撮影させて頂きました。
日々慣れ親しんでいるジャンルの食べ物ですが
初めて見るもの食べるものがいっぱいでした。
昭和30~40年代頃の家庭の味を100年先にも残したい
というのがこの本のテーマですが
炒め物がない、というのも衝撃でした。
今のようにいつでもどこでも何でも食材が手に入らなかった時の
日々の食事の工夫には驚かされます。

今、巷では野菜高騰で大変だ!とのニュースが世間を賑わせておりますが
この本を見てるとそんなん関係ね~っ
んだな、本来は・・・・という気持ちになります。

_MG_8572.jpg

_MG_8569_20180206095517b2d.jpg
かつて農村部ではハレの日のご馳走だった鶏。
92才の大阪のおじちゃん(おじいさんではない!)の鶏捌きには惚れ惚れ・・・

_MG_8568_201802060955195f3.jpg
西日本で数回出会ったおからを青魚でくるんだお寿司。

2018-02-06(Tue)
 
プロフィール

Author:Atsuko Takagi 
フリーランスフォトグラファー。

写真撮影の現場でのあれやこれや日記です。
HP→ https://www.atsukotakagiphoto.com/

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。